日本風景街道熊野ホームページへ戻る
トップ紀南の祭・イベント > 紀南の祭・イベント 2007年8月

紀南の祭・イベント

紀南の祭・イベント一覧 2007年8月

紀南地域は歴史ある祭もいっぱい。注目の祭・イベントをご紹介します。
(下線が付いているイベント名は、「わかやまイベントボード」の詳細情報にリンクします。
 ※別ウィンドウで開きます)

8月1日〜29日(8/1・10は除く) 南紀白浜メッセージ花火(白浜町)

恋人や家族など大切な人ヘメッセージ花火をプレゼントしませんか?

8月4・11・18日、10月6・13・20・27日 キャンドルイルミネーション(白浜町)

2006本のキャンドル、ゆらめく願いの光。その中に浮かぶ数々のメッセージ!
白良浜が幻想的な世界に変わっていきます。

8月4・11・12・18日 海遊体験(串本町)

本州最南端の美しい海で、自然や地元漁師さんとの温かい触れ合いの思い出をつくろう。夏の日をおもいっきり満喫!

8月1日 白浜おどり(白浜町)

参加自由、景品多数。みんなで白浜おどりを楽しもう。

8月2日 中上 紀 熊野への想い 〜最新作「月花の旅人」出版記念〜

和歌山県世界遺産センターでは、8月特別企画として、熊野に縁の深い作家中上紀さんを迎え、熊野への想いや最新作「月花の旅人」にまつわるトークと著書の朗読を行う”中上紀熊野への想い”を開催します。

8月3日〜5日 熊野大学の夏期特別セミナー(新宮市)

新宮市出身の作家、中上健次(1946〜92)が設立した講座「熊野大学」の夏期特別セミナーです。

8月4・5日 第3回串本祭り(串本町)

串本節町民総踊りの夕べと花火大会のほかイベントがいろいろあります。

8月4・5日 第6回ドキドキ少年撮影隊ワークショップ 熊野古道なかへち編

世界遺産でもある熊野古道の森を、和歌山市や田辺市中辺路の子ども達がアーティストと一緒に歩き、デジタルカメラを通じて自然を見つめ、自分だけの「森の物語」をつくり上げます。

8月5日 第22回熊野古道清姫まつり

神がこもる熊野の地として信じられ、平安の昔より“蟻の熊野詣で”といわれた熊野参詣。熊野古道中辺路に古くから伝わる「清姫」の伝説が今年もよみがえります。

8月4日 滝の拝夕涼み 川辺のいろいろイルミネーション

古座川の支流、小川(こがわ)にある滝の拝の川岸にろうそくを灯した灯ろうを並べます。そのようすはとても幻想的です。

8月5日 植物と虫の名前を覚えない自然観察会

ゆったり楽しく 絵を描いてみましょう!!〜誰にでもできる 色鉛筆 簡単 スケッチ 入門〜

8月5日 ビーチバレー大会(ビーチフラッグも昼頃開催)(那智勝浦町)  

ブルービーチ那智(那智海水浴場)を会場に熱い戦いが行われます。

8月5日 新宮・まちの市(新宮市)

地元産の新鮮野菜や物産加工品をはじめ、洋品店、化粧品・生活雑貨のお店、有名飲食店や菓子店からの出店もあり、お買い得商品や思わぬ掘り出し物に出会える穴場の朝市です。

8月5・12・19・26日 「乙女の市」(田辺市)

「乙女の市」は、田辺市下川下の富里地域の主婦ら15人からなる地域おこしグループです。10年ほど前から毎週日曜日にとみさと交流館で「乙女市」を開き、自家栽培した野菜や手作りの漬物、すしや郷土料理を販売しています。

8月5・12・19・26日 勝浦漁港賑わい市場(那智勝浦町)

勝浦漁港内の「海乃湯(足湯)」を中心として、観光客や近隣住民の皆様に、地元のブランド「勝浦の近海生マグロ」に代表される地元産品や県産品等の地場産品の販売を行います。

8月10日 白浜花火大会(白浜町)

早打ちスターマイン、仕掛け花火など趣向を凝らしたものばかり。湾全体を銀世界に包むナイアガラは見物。

8月11日 地球元気村in和歌山大塔(田辺市大塔)

夜店、大塔太鼓・翔流 大塔よさこい踊り など。
地球元気村in和歌山大塔開村式&トークショー、花火大会があります。

8月11日 那智勝浦町花火大会

2年間中止されていた那智勝浦町の花火大会が復活します。美しい那智湾から上がる迫力満点の花火を県下最大の那智海水浴場でゆっくりとお楽しみ下さい。

8月12日 扇ヶ浜の夕べ(精霊供養花火)(田辺市)

田辺扇ヶ浜海水浴場において、夕刻からバンド演奏や和太鼓などの舞台イベントを行い、フィナーレには精霊供養花火として約1,500発の花火を打ち上げます。

8月12・26日 ぼたん荘の朝市(古座川町)

野菜、漬物、田舎寿司、手作りお菓子、もち、干しシイタケ、干物など、山の幸から海の幸まで近隣から季節の旬のものが並びます。

8月12日 弁慶市(田辺市)

弁慶市とは、毎月第3日曜日に闘けい神社で開催される朝市のことです。※8月はお盆前に開催されます。

8月13日 熊野徐福万燈祭(第45回新宮花火大会)(新宮市)

徐福の供養と合わせて初盆を迎える霊を供養します。

8月14日 鯨太鼓(太地町)

巨鯨と勢子舟(羽刺)との戦いを太鼓で表現したもので、昭和45年の万博出場に際して作られたものです。

8月14日 鯨踊り(太地町)

古式捕鯨の盛んであった江戸時代より伝わる、綾踊りと裸踊りが披露されます。(県指定無形文化財)

8月14日 盆供養花火大会(太地町)

太地町花火大会実行委員会により約600発の花火が打ち上げられます。

8月14日 太地浦勇魚祭(太地町)

「網掛け突き捕り捕鯨法」の再現です。

8月14日 日高川町夏まつり(日高川町)

子供ショー、カラオケ大会、マジックショー、バンドショー、花火大会などが予定されています。

8月15日 紀州田辺の柱松(田辺市)

300年の伝統があるといわれ、海難者の供養、豊漁祈願、新仏の供養として、毎年8月15日の夜に行われるお盆の行事です。

8月15日 興国寺火祭り(由良町)

興国寺の灯籠焼は700年余りの伝統があり、全国三大火祭りに数えられるほど珍しい火祭りです。松明踊り、大松明、灯籠焼の行事があります。

8月16日 佐野柱松(新宮市)

神火をうつした松明を花火籠へ投げ込み五穀豊穣を祈願する行事です。

8月18日 ふたつの故郷を歌う Duo Patriotique 日仏友好150周年祭チャリティコンサート

日本歌謡:山田耕筰、中田喜直、団伊玖磨ほか、フランス歌曲:フォーレ、デュパルク、サティー、プランク、フランスオペラアリアほか

8月19日 ふれあい市場(朝市)(串本町)

JR古座駅前広場では、毎月第3日曜日に、地域産品が並ぶ朝市が開催されています。地元のおいちゃん・おばちゃんとのふれあいを楽しんでください。

8月23日 二河の火祭り(那智勝浦町)

金剛院の裏山にある目神八幡大菩薩、その御堂の上高く枝を張り巡らせた松の大樹に松明を投げかける荒行事です。

8月23日 綱の盆おどり(西牟婁郡)

江戸時代の風習を伝える盆おどり大会。

8月25日 富田川友遊フェスティバル(田辺市)

屋台村や物産展、いろいろなイベントが行われます。フィナーレには花火が打ち上げられます。

8月25日 八咫(ヤタ)の火祭り

熊野本宮大社前を出発した炎の神輿と時代行列が、大鳥居のむこうの本宮大社旧社地・大斎原(おおゆのはら)に向かいます。

8月26日 大島の朝いち(串本町)

鮮魚・ひもの・野菜・果物・花・リサイクルショップなどのお店が出店。その他マグロの解体ショーやミニ釣り堀などのイベントも多数開催されています。

トップ紀南の祭・イベント > 紀南の祭・イベント 2007年8月

日本風景街道 熊野 〜シーニックバイウェイ紀南〜

このホームページは、紀南の地域を愛する団体によって運営されています。運営団体について
ホームページへ戻る