日本風景街道熊野ホームページへ戻る
トップ紀南の祭・イベント > 紀南の祭・イベント 2006年8月

紀南の祭・イベント

紀南の祭・イベント一覧 2006年8月

紀南地域は歴史ある祭もいっぱい。注目の祭・イベントをご紹介します。
(下線が付いているイベント名は、「わかやまイベントボード」の詳細情報にリンクします。
 ※別ウィンドウで開きます)

7月31日〜8月6日 上浦海岸ビーチクリーン強化週間(串本町)

南紀で数少ない砂浜の海岸でウミガメの産卵のメッカ。ここをみんなで清掃します。多数参加下さい。夕方17:30〜18:30も作業している。この7/31〜8/6の一週間は強化週間として毎日実施するので、皆さまよろしくお願いします。

8月1日 鹿島神社奉納花火大会(みなべ町)

約600発の花火が海岸を彩ります。

8月1日 白浜おどり(白浜町)

皆様の参加で楽しく賑やかなお祭りに。参加賞が多数あります。

8月5日・6日 魚のつかみ取り(すさみ町)

小学生以下のお子さんを対象に、特設イケスの中で魚(タイ、グレ他)を獲っていただきます。各日先着100名様。

8月5日 煙樹ヶ浜まつり花火大会(美浜町)

ビッグ宝探し大会ほか、いろんなイベントで盛り上がる「煙樹ヶ浜まつり」の最後を飾る花火大会です。

8月5日 大塔花火大会(田辺市大塔)

地球元気村in和歌山大塔の行事の一環として花火大会が開催されます。

8月5日・6日 地球元気村in和歌山大塔一泊二日(田辺市大塔)

2004年7月1日に紀伊山地の霊場と参詣道「熊野古道」が世界遺産に登録され、益々脚光をあびています。今年のテーマを「癒し」「環境」「元気」に置き、様々な体験教室を計画中です。

8月5日・12日・19日 キャンドルイルミネーション(白浜町)

砂浜に願いをこめたメッセージを書いた2006本のキャンドルが並びます。とっても幻想的です。

8月6日 第2回串本まつり(本州最南端花火大会)

10:00〜串本港で串本海上保安署の協力による巡視船の体験航海、同じく10:00〜串本町文化センター前でふれあい広場(バザー)、13:00〜串本町立体育館でビンゴゲーム大会などが予定されています。18:00〜町民総おどり、また20:00〜串本漁港内にて本州最南端の花火大会が開催されます。

8月6日・12日・13日 海遊体験(みなべ町)

みなべ町の南部町漁協が、堺漁港・森の鼻を主会場に、刺し網漁や稚魚の放流などを体験する「海遊体験」を開きます。

8月6日 ビーチバレー・ビーチフラッグ大会(那智勝浦町)

人気上昇中のビーチバレー・ビーチフラッグ大会が今年で第6回を迎えます。競技の普及とスポーツを通しての交流、熊野のすばらしい自然を県内外に広くPRすることを目的としたイベントです。

8月6日 平和の鐘を鳴らしましょう あなたの手で あなたの思いで(田辺市)

浄行寺 真田住職さんのお話の後、一人ひとりが平和の願いを込めて、鐘を鳴らします。

8月6日 第1回 日置川鮎釣り大会(西牟婁郡)

白浜町・日置川町合併記念として旧日置川町で8回続いた「日置川鮎釣り大会」をリニューアルして開催します。

8月10日 白浜花火大会(白浜町)

約2000発の花火が夜空を彩ります。

8月13日 熊野徐福万燈祭・新宮市花火大会(新宮市)

夏の夜空を彩る花火が、約2,000発、仕掛約20基により、約1時間半にわたり繰り広げられる。当地方の夏の風物詩として親しまれている行事の一つです。

8月13日〜15日 平治川薙刀踊り(本宮町)

源平の合戦に敗れ、平治川に落ちのびた平家の子孫らが孟蘭盆に祖先の霊を慰めるために踊ったのが始まりです。

8月13日〜15日、23日 伏拝の盆踊り(本宮町)

県指定文化財にもなっている踊りです。8月中・下旬ごろ公民館などで地区をあげて踊ります。

8月14日・15日 萩の餅搗踊り(本宮町)

十津川郷から玉置神社へ奉納されたことが始まりで、萩へ伝わった祝い踊りです。

8月14日・15日 お夏清十郎踊り(本宮町)

姫路の宿屋の娘お夏と手代清十郎の悲恋を取り入れた踊りです。

8月13日・27日 ぼたん荘の朝市(古座川町)

毎月第2・第4日曜日に開催しています。野菜、漬物、田舎寿司、手作りお菓子、もち、干しシイタケ、干物など、山の幸から海の幸まで近隣から季節の旬のものが並びます。

8月14日 勇魚祭・盆供養花火大会・柱松(太地町)

「捕鯨の町・太地」の歴史と文化の伝承や地域の振興に寄与することを目的として昭和62年(1987)から行われている祭りです。

8月14日 長さ世界一の焼き鳥に挑戦(日高川町中津)

日高川町の特産、備長炭とホロホロ鳥をPRできる焼き鳥で現在の世界一を標榜する福島県川俣町(川俣シャモまつりにて10mを達成)に挑戦状も送る予定です。

8月14日 日高川町夏まつり(日高川町)

合併を記念して種々のイベントを開催の予定。

8月15日 大瀬の太鼓踊り(本宮町)

平家の落武者が住み着いたといわれている本宮町大瀬で、盂蘭盆の行事として踊られる踊りです。

8月16日 佐野柱松(新宮市)

火のついた松明をおよそ15m上に設置している直径80cmのわらかごにめがけて投げます。

8月19日 海遊体験(串本町)

本州最南端の美しい海で、自然や地元漁師さんとの温かい触れ合いの思い出をつくろう。

8月20日 弁慶市(田辺市)

弁慶市とは、毎月第3日曜日に闘けい神社で開催される朝市のことです。

8月20日 熊野で健康ウォーキング《七越峯ウォーク プチ大峯奥駈歩き》濡れわらじ(水垢離)の入堂体験&大斎原参拝(約5km)(本宮町)

修験道の修行の道「大峯奥駈道」を気軽に体験するコースです。

8月20日 ふれあい市場(串本町)

JR古座駅前でふれあい市場を行ないます。ひもの・和菓子・チーズケーキ他、地元特産品てんこもり!

8月21日 熊野で健康ウォーキング 夏休み特別“マイナスイオン体感ウォーク”

夏休み特別“マイナスイオン体感ウォーク”です。

8月23日 二河(にこう)の火祭り(那智勝浦町)

約480年前の室町時代から続く火祭りです。

8月26日 潮岬おもしろらんど夏祭り(串本町)

串本町潮岬の潮岬青少年の家では、盆踊り、プール開放、軽食コーナーなどがあります。

8月26日 紀州路クリーン作戦(田辺市)

田辺市内4箇所同時進行で、草引き・ゴミ拾いをします。お近くの場所で、ご協力お願いいたします。

主催:花つぼみ(シーニックバイウェイ紀南 活動団体)

8月26日 コスモス種まき大作戦(田辺市)

新庄総合公園の美術館前で、コスモスの種まきをします。参加者に、コスモスの苗を進呈します。

主催:花つぼみ(シーニックバイウェイ紀南 活動団体)

8月26日 涼響(りょうきょう)コンサート(田辺市)

田辺市消防団音楽隊としても活動中の吹奏楽団、田辺シティブラスが、田辺市扇ケ浜のカッパークで「涼響(りょうきょう)コンサート」を開きます。「ミッション・インポッシブルのテーマ」「となりのトトロメドレー」「宝島」などを演奏します。

8月26日 御坊市花火大会(御坊市)

約2000発の花火が行く夏の夜空を彩る。

8月26日 第14回富田川友遊フェスティバル(上富田町)

屋台村・物産店・ビンゴゲームなど様々なイベントのあと花火大会があります。

8月26日〜30日 熊野水軍埋蔵金探し(白浜町)

白良浜で開催される、源平合戦で活躍した熊野水軍の宝を探す冒険イベント。

8月26日 八咫の火祭り(本宮町)

お行列に参加してくださる方を大募集中!
一度参加してみませんか。

8月26日 熊野で健康ウォーキング【湯垢離&八咫の火祭り】(大日越、湯峯王子〜本宮大社 約3.5km)(本宮町)

日本最古の温泉「湯の峰温泉」で心と体を清め、大日山を越えて旧社地(大斎原)を通り熊野本宮大社を目指すコースです。

8月27日 ぼたん荘の朝市(古座川町)

毎月第2・第4日曜日に開催しています。野菜、漬物、田舎寿司、手作りお菓子、もち、干しシイタケ、干物など、山の幸から海の幸まで近隣から季節の旬のものが並びます。

8月27日 間伐実習(上富田町)

今回は山を考えるきっかけづくりとして、実際に植林に入り「おがや式間伐」を体験していただきます。一般の方でもお気軽に参加して頂けます。ぜひ、お誘い合わせの上、奮ってご参加ください。

8月27日 第2回ビーチサッカーフェスティバル(田辺市)

扇ヶ浜海水浴場オープンを機に昨年から始まったビーチサッカーフェスティバル。

8月27日 WBSラジオ&ウォーク 第25回南方を訪ねて(田辺市)

田辺の旧市街地に点在する南方熊楠の足跡・研究採集のフィールドとなった神社仏閣、今春開館した「南方熊楠顕彰館」、熊楠の墓所、熊楠の人間像を彷彿とさせる町かどなど7.5kmのコースをラジオから流れる説明を聞きながら訪ねて歩きます。

主催:南方熊楠顕彰館(シーニックバイウェイ紀南 活動団体)

8月28日 Ascolta!!オペラ・ガラコンサート(田辺市)

田辺市磯間出身の東京芸術大学声楽科2年、平尾悠さん(19)らオペラ好きの大学生によるコンサートが開かれる。大学2、3年生の男女8人が出演し、それぞれソプラノやメゾソプラノ、テノール、バリトン、バスの声楽や、ピアノ演奏を披露する。

8月31日〜9月2日 勝浦ビルフィッシュトーナメント(那智勝浦町)

7/6〜の予定が延期になりました。

トップ紀南の祭・イベント > 紀南の祭・イベント 2006年8月

日本風景街道 熊野 〜シーニックバイウェイ紀南〜

このホームページは、紀南の地域を愛する団体によって運営されています。運営団体について
ホームページへ戻る