日本風景街道熊野ホームページへ戻る
トップ熊野川〜新宮(R168-R42) > 高田グリーンランド・雲取温泉

高田グリーンランド・雲取温泉

高田グリーンランドは、全天候型軽スポーツ施設、テニスコート、野球・サッカー場、会議室、大広間などの施設からなる自然活用型宿泊研修施設です。雲取温泉は、新宮市街地から山間部に入った高田川のほとりの温泉です。岩組みの露天風呂は青みがかった乳白色の湯でなめらかな肌触りです。薬草風呂にはキハダ(黄柏・おうばく)風呂と徐福伝説で有名な天台烏薬(てんだいうやく)のお風呂があります。(2006.3.31)

高田グリーンランド
高田グリーンランド・雲取温泉
雲取温泉
雲取温泉

耳より情報

柱状節理

柱状節理 新宮市から国道168号線を約6Km、本宮へ向かって遡った高田グリーンランドへの入り口にある相賀橋から、熊野川の対岸を見ると正面に見えるのが、この柱状節理(ちゅうじょうせつり)です。石切り場があって山の側面が大きく削り取られていますが、その切り口が見事な柱状節理になっています。
 節理というのは岩石が水や温度差などで風化していく時に生じる割れ目のことだそうです。節理には花崗岩(みかげ石)で俵を積み上げたような節理(岩手県岩手山の俵石など)、食パンをスライスしたような節理(屋久島宮之浦岳の食パン岩)のほかに、玄武岩質の岩石に見られる柱状節理もあります。
 玄武岩の柱状節理で有名なのは、兵庫県城之崎温泉の近くにある玄武洞、福井県の東尋坊や島根県日の埼など日本海沿岸各地や北海道の定山渓などですが、この和歌山で見られる柱状節理もこれらに負けないもので、全国でもこれだけきれいに見える場所はそう多くないとのことです。理科教材としても非常に優れたものですので、できれば、標本として現状を永く保存してもらいたいものですね。
 但し、この山があるところは三重県南牟婁郡紀宝町になります。(2006.11.14)

情報提供:市民の力わかやま


次のスポット熊野速玉大社・佐藤春夫記念館

トップ熊野川〜新宮(R168-R42) > 高田グリーンランド・雲取温泉

日本風景街道 熊野 〜シーニックバイウェイ紀南〜

このホームページは、紀南の地域を愛する団体によって運営されています。運営団体について
ホームページへ戻る