日本風景街道熊野ホームページへ戻る
トップ熊野川〜新宮(R168-R42) > 瀞峡

瀞峡

瀞峡とウォータージェット船瀞峡(どろきょう)は熊野川の支流、北山川の渓谷で瀞八丁とも呼ばれ、国の特別名勝と天然記念物に指定されています。志古(しこ)〜下瀞〜上瀞を往復するウォータージェット船に乗ると、両岸には亀岩、獅子岩などの奇岩や母子の滝があり、三重県と奈良県とを結ぶつり橋も見えます。(2006.3.31)

瀞峡にかかる吊り橋
瀞峡にかかる吊り橋
瀞峡に流れ落ちる滝
瀞峡に流れ落ちる滝
ウォータージェット船
ウォータージェット船を降りて鮎の塩焼き?
奇岩
奇岩、絶壁の連続です。

ウォータージェット船

料金 志古〜瀞峡(往復)大人3,340円、小人1,670円(他コースあり)
時間 8:30(3/1〜11/30)、9:30から1時間ごと13:30まで、14:10、15:10(3/1〜11/5)(多客時随時運航)
所要時間 約1時間55分
定休日 なし
駐車場 あり(無料)
TEL 0735-22-5101(熊野交通本社)、0735-44-0331(志古船舶営業所)
FAX 0735-23-0001(熊野交通本社)

耳より情報

帆掛け舟とプロペラ船

熊野川の難点は多量の砂利が堆積して川底が浅く、スクリューをつけた動力船を導入できないことでした。そこで、底浅い川舟の船尾に小型飛行機のエンジンとプロペラをそのまま取り付けたプロペラ船が考案されました。それでも浅瀬になっているところでは、時として船底を砂利にゴリゴリとこすりつけながら走っていましたが、この地方の人々にとっては画期的な乗り物でした。プロペラ船の導入によって、筏と帆掛け舟にプロペラ船、思いもよらない取り合わせが、山深い熊野の地に出現したのです。プロペラ船は昭和18年から昭和47年9月まで運行していました。
 写真には、プロペラ船が運航を始めた頃の瀞八丁の様子でのんびりと浮かぶ帆掛け舟とエンジン音を響かせて走るプロペラ船が写っています。しかし、このようにのんびりした光景は、ジェット船が運航を始めた昭和40年から見られなくなりました。(2008.1.27)

プロペラ船
帆掛け舟とプロペラ船

情報提供:市民の力わかやま

川原に立つかかし

川原に立つかかしの写真 瀞峡のウォータージェット船に乗ると熊野川の左右の川原にいくつも大きなかかしが立っているのが見えます。どのかかしも旗ざおのようなものを持ち、様々な色の旗をつけて川の中央の方を見ています。
 このかかしは熊野川の鮎を食べてしまう「鵜」が来ないようにと地元の漁業組合の人が立てたものだそうです。食欲旺盛な鵜は熊野川にたくさんいる鮎を一日に3キロも食べに来るとか。特に稚魚が放流されたときに大量に食べてしまうそうです。
 このかかしが上手く鵜を追い払ってくれればよいのですが・・・(2007.3.30)

情報提供:市民の力わかやま


次のスポット北山(温泉・いかだ)

トップ熊野川〜新宮(R168-R42) > 瀞峡

日本風景街道 熊野 〜シーニックバイウェイ紀南〜

このホームページは、紀南の地域を愛する団体によって運営されています。運営団体について
ホームページへ戻る