日本風景街道熊野ホームページへ戻る
トップ熊野川〜新宮(R168-R42) > 宝龍の滝・鼻白の滝

宝龍の滝・鼻白の滝

宝龍の滝

宝龍の滝宝龍(ほうりゅう)の滝から宝泉岳山中の渓流に落ちる水は、赤木川を経て熊野川へと注いでいきます。すぐ近くまで車で行くことができます。(2006.3.31)

鼻白の滝

鼻白の滝鼻白(はなじろ)の滝は、熊野川の支流、田長谷に二段になって落ちていきます。昔このあたりに鼻の白いウナギがいたことからこの名がついたと言われています。(2006.3.31)

耳より情報

白見の滝

白見の滝新宮から国道168号線を車で約15分、国道のすぐ脇に勢いよく流れ落ちている落差15mの迫力のある立派な滝です。水量の豊富さは、写真の左下に「虹」がかかっているのが見えることで分かります。
 位置は、「飛雪(ひせつ)の滝」の見える位置と「鼻白の滝」との間です。滝見橋(旧道の橋だそうです)があって、間近に行けるようになっていますが、コンクリートが一部抜け落ちていて危険なのでこの橋には行かないで下さい。(2008.11.9)
2011年9月台風12号に伴う大雨により、この滝周辺に岩が崩落し、すっかり姿が変わってしまっています。(2012.3.16)

情報提供:市民の力わかやま

飛雪の滝

飛雪の滝国道168号線の対岸(三重県側)に「飛雪(ひせつ)の滝」があります。雪のように飛沫が舞う、絶景の滝です。現在、滝の前は公園・オートキャンプ場になっています。(2006.3.31)

情報提供:わかやまインターネット市民塾


次のスポット小口自然の家・小口キャンプ場

トップ熊野川〜新宮(R168-R42) > 宝龍の滝・鼻白の滝

日本風景街道 熊野 〜シーニックバイウェイ紀南〜

このホームページは、紀南の地域を愛する団体によって運営されています。運営団体について
ホームページへ戻る