日本風景街道熊野ホームページへ戻る
トップ熊野川〜新宮(R168-R42) > 熊野川温泉さつき

熊野川温泉さつき

熊野川温泉さつき熊野川の支流赤木川沿いにある純和風の一軒宿。温泉には桧風呂と御影石風呂の2種類があり、日替わりで男湯・女湯が入れ替るので1泊すれば両方楽しめます。(2006.3.31)
2011年9月の台風12号の被害により休館していましたが、2014年4月26日よりリニューアルオープンしました。(2014.8.13)

時間 11:00〜21:00(入館は20:30まで)
定休日 月曜日(祝日の場合は火曜日)
料金 大人(中学生以上):500円、小学生:250円、就学前:無料
TEL 0735-44-0193

耳より情報

薩摩守 平忠度生誕の地

平忠度生誕の地北山村から168号線に戻り新宮に向かって少し行くと、168号線沿いの「音川」に「薩摩守 平忠度 誕生の地」の大きな板碑(看板)が立てられています。父は平忠盛、母は熊野別当湛快の娘で鳥羽上皇に仕えていた女房で、忠度(清盛の異母兄弟)を身籠って、熊野の地に帰り、音川の橋詰氏の館で生んだと言われています。
 平家物語に「薩摩守は聞ゆる熊野そだち、はやわざの太力にておわしければ」と謳われた忠度は、武勇に優れていただけでなく、歌道にも長じていました。都を離れる時に、歌道の師「藤原俊成」に託した歌「さざ波や志賀の都は荒れにしを 昔ながらの山桜かな(千載集)」は有名です。一の谷の合戦で落ちていく途中、岡辺六野太忠純を組み伏せますが、多数の郎党の助太刀もあり、死に場所を悟り首を打たさせます。(2011.8.17)

情報提供:市民の力わかやま

香りの風景街道

本宮から国道168号を熊野川に沿って南下し、宮井大橋、瀞峡ウォータージェット船乗り場、三和大橋を過ぎると、道路は熊野川の支流、赤木川の上流に向かって少しの間走り、T字路に突き当たります。右に行くと県道44号で、前方に「熊野川温泉さつき」が見えています。
左折して国道168号を行くあたりから木のいい香りがしてきます。木材の加工場があり、車窓からも原木や木材が見えます。工場の中をのぞくと、荷物を載せてフォークリフトで運ぶ「パレット」という台が山積みになっています。このあたりに来たら、ぜひ窓を開けていい香りを楽しんでください。(2007.5.12)
2011年9月の台風12号による被害で、加工場は2012年6月に閉鎖されました。(2013.8.20)

木のいい香りがしてきます。
国道168号沿いの木材加工場
木製のパレットがいっぱい
フォークリフトで使うパレットが山積みです。

情報提供:市民の力わかやま

たんぼ水族館

たんぼ水族館熊野川行政庁舎の北、168号線沿いの西側にたんぼ水族館があります。休耕田と湿地帯を利用した、生き物の保全や泥んこ遊び、トンボ釣り、カエル釣りなどをして遊びながら学ぶことができる空間です。春や夏、どろんこになって思い切り遊ぼう! 何かが生まれてきます。(2006.4.25)

情報提供:わかやまインターネット市民塾

新宮への旧道

向かいに和歌山県を見ながら走る新宮への旧道熊野川町日足地区にある三和大橋を三重側へ渡り、新宮方向に向かうと、昔の旧道があります。道は三重県にありますが、対岸に和歌山県を望みながら走ることができ、国道168号線とは違った風景を見ることができます。(2006.4.25)

情報提供:わかやまインターネット市民塾


次のスポット道の駅「瀞峡街道 熊野川」

トップ熊野川〜新宮(R168-R42) > 熊野川温泉さつき

日本風景街道 熊野 〜シーニックバイウェイ紀南〜

このホームページは、紀南の地域を愛する団体によって運営されています。運営団体について
ホームページへ戻る