日本風景街道熊野ホームページへ戻る
トップ串本・古座川(R42) > 無量寺

無量寺

無量寺禅寺である錦江山(きんこうざん)無量寺は串本の町の狭い通りの一角にあります。境内にある「応挙芦雪館(おうきょろせつかん)」には円山応挙(まるやまおうきょ)、長沢芦雪(ながさわろせつ)の作品を中心に、室町、桃山、江戸時代の絵画96点を展示しています。収蔵庫に収められている襖絵は国の重要文化財に指定されていますので、お天気の悪い日は見ることができません。(2006.4.20)
 この無量寺は、元袋港に面して建てられていました。袋港は、その地形からたびたび津波の被害に見舞われてきました。無量寺も宝永4年(1707年)の津波で建屋が流失し、天明4年(1786年)に現在の地に再建されました。(2008.10.15)

応挙芦雪館

料金 本館及び方丈障壁画(digital再生画):700円
本館及び方丈障壁画及び収蔵庫(重文):1,300円(雨天は収蔵庫の拝観はできません)
中学生以下半額、20名以上の団体は2割引 
時間 9:30〜16:30(入館は16:00まで)
定休日 年中無休
駐車場 10台(無料)
TEL 0735-62-6670

耳より情報

矢野熊の矢倉神社

JR串本駅よりやや西の線路沿いに大正時代に建てられた石造りの鳥居があり、その奥にタブノキやオオタニワタリなどの樹木が生い茂った鬱蒼とした一画があります。これが矢野熊の矢倉神社で、江戸時代に建てられた石灯籠と、ほとんど枯れた浅い井戸(泉?)のほか何もない無社殿神社です。神社の由来ははっきりしませんが、井戸(泉?)を祀る神社だったという説と、線路敷設のために削られて無くなった背後の山に磐座があったという説があります。この周辺の畑からは土器の破片が出土しており、古代から集落があったものと思われます。(2012.6.5)

矢倉神社
矢倉神社(無社殿神社)
矢倉神社の泉
御神体?の井戸

情報提供:古座川街道やどやの会

芦雪のデジタル複製画

串本町の無量寺方丈(本堂)に、平成21年10月、応挙芦雪館開館50周年を記念して丸山応挙と長沢芦雪の障壁画を精密にデジタル複製した襖絵55面が天明7年(1787年)の再建当時のままに配置され、応挙と芦雪のオリジナルの絵空間がよみがえりました。長沢芦雪作の虎図、龍図、丸山応挙作の波上群仙図など、国の重要文化財に指定されている貴重な作品群は別棟の専用収蔵庫で鑑賞することができますが、現代の印刷技術で寸分違わず再現された作品を方丈(本堂)の中で本来の配置のままに鑑賞できる意義が、ここに新たに加えられました。(2011.5.10)

虎図
虎図
龍図
龍図

情報提供:古座川街道やどやの会

稲村亭

流木で作られた稲村亭明治の初め串本に住む神田清右衛門は、串本町有田の稲村海岸に流れ着いた直径5mもある流木を、地元の漁師から飢饉を救ってくれたお礼として贈られました。長い間海水につかっていた木の表面はささくれたっていましたが、大鋸(おおのこ)で割ると断面は赤くベッコウ色に輝き、しかも硬い。清右衛門は浜辺に設置した大きな風呂で材木を煮て塩抜きをし、自宅の奥座敷2間を作り「稲村亭」と名づけ、ここでの隠居生活を大いに楽しんだそうです。
神田家ではこの流木の出所を大学の専門家に依頼して何度も調べたそうですが、結局わからなかったそうです。アメリカ西海岸のレッド・ウッド?それとも屋久島で育った大木?謎に包まれた大木で作られた稲村亭は大切に受け継がれ、今なお当時のままの姿で残されています。(2008.9.22)
※残念ながら現在は一般公開されていません。(2011.5.11)

串本 神田家
美しい佇まいの神田家
大木で作られた衝立
細やかな細工が施された衝立

情報提供:市民の力わかやま

漆喰の龍

漆喰の龍串本町二色の法雲寺に、しっくい(漆喰)で作られた龍のレリーフがあります(写真)。
 この法雲寺は昭和10年に建立されたお寺ですが、向って左側面の屋根の三角の破風口に波(雲?)を蹴立てて進む見事な龍のすがたが浮彫のようにしっくいで描かれています。
 地元の漆喰職人の作だそうです。ちなみに、串本町田並地区の海岸では、かつてサンゴの遺骸の菊目石を焼いて漆喰原料の石灰(イシバイ)が生産され、熊野灰と呼ばれたそうです。日本最古の石造り灯台として知られる樫野崎灯台官舎などにも使われました。(2008.2.16)

情報提供:古座川街道やどやの会

トビウオ命のお店

無量寺に行くための細い路地に入る前の商店街の通りに、地元串本で獲れる新鮮な魚を売る有名店があります。社長は串本を代表する魚「トビウオ」漁に自らも出かけ、トビウオ命の社長として有名です。店には地場の様々な新鮮な魚とその新鮮な魚で作った自家製の美味しい一夜干がところ狭しと並びます。うれしいことにそれらの魚が食べられるよう隣で居酒屋を開いています。お土産に良し、その場で食べても良しの串本の味を堪能できることを請け合えるスポットの一つです。(2007.1.6)

地の鮮魚
店に並ぶ地の鮮魚
トビウオの一夜干
珍しいトビウオの一夜干が並ぶ

情報提供:市民の力わかやま


次のスポット潮岬灯台

トップ串本・古座川(R42) > 無量寺

日本風景街道 熊野 〜シーニックバイウェイ紀南〜

このホームページは、紀南の地域を愛する団体によって運営されています。運営団体について
ホームページへ戻る