日本風景街道熊野ホームページへ戻る
トップ中辺路(R311) > 道の駅「熊野古道中辺路」

道の駅「熊野古道中辺路」

道の駅「熊野古道中辺路」は国道沿いにあり、古道を歩く人とドライバーの両者の休憩の地として利用されています。花笠をイメージした物産販売所では、中辺路町の特産品(近露みそ、鉄火みそ、カッパ餅、手作りこんにゃく、梅、など)を販売しています。(2006.4.20)
【レストラン】梅うどん
【農林産物直売所】草餅、山菜、味噌、めはりずし、干椎茸

全景
館内
時間 9:00〜17:00
※トイレ・駐車場・公衆電話は24時間利用可能です。
定休日 なし
TEL 0739-65-0671

耳より情報

交通安全の神木

交通安全の神木道の駅「熊野古道中辺路」より国道沿いを本宮方面に進むとトンネルの手前の右手にユニークな形をした大きな古木のオブジェが建てられています。しかし、気づく人は殆どいません。
これは、千年の歴史を持つと言われている神木で、交通安全を祈願し平成3年に建てられました。
熊野を訪れる大勢の人々の安全を静かに見守っています。(2011.9.1)

情報提供:市民の力わかやま

滝尻から近露までの王子

不寝王子跡滝尻から熊野古道は311号線の南の山中に入ります。霊域に入っていき、ここから熊野本宮大社へいたる木の根道が「中辺路」として世界遺産に登録されました。この道を歩けば、浄不浄、貴賎を問わず、あるがままに受け入れた熊野を感じ取れます。言葉は不要です。
 滝尻王子から約15分で不寝王子、さらに約90分歩いた高原池付近から近露までは民家がない道が続きます。さらに40分で大門王子、30分で十丈王子、90分で大坂本王子、そこから30分          不寝王子跡
で牛馬童子に着きます。その手前を311号線に下りれば、道の駅「熊野古道中辺路」です。(2007.3.3)

大門王子跡
大門王子跡
十丈王子跡
十丈王子跡
大坂本王子跡
大坂本王子跡

情報提供:市民の力わかやま


次のスポット牛馬童子像

トップ中辺路(R311) > 道の駅「熊野古道中辺路」

日本風景街道 熊野 〜シーニックバイウェイ紀南〜

このホームページは、紀南の地域を愛する団体によって運営されています。運営団体について
ホームページへ戻る