日本風景街道熊野ホームページへ戻る
トップ御坊〜みなべ(R42) > 煙樹ヶ浜

煙樹ヶ浜

煙樹ヶ浜煙樹ヶ浜は、日高川河口から日ノ岬へ向かって弓なりに伸びる浜で、全長約4.6km、幅は最大約500mもの松林が続いています。これは初代紀州藩主徳川頼宣が塩害を防ぐために植えさせたもので、伐採が禁じられたため現在も当時の美しい姿をとどめていて、町の自慢となっています。煙樹ヶ浜は砂浜ではなく、波に洗われて丸くなった石の海岸で、砂浜とは違う波の音が楽しめます。(2006.4.20)

煙樹ヶ浜憩いの広場

海岸沿いは、遊具や東屋のある「煙樹ヶ浜憩いの広場」として整備されています。

料金 無料
駐車場 あり(無料)

煙樹海岸キャンプ場

開設期間 ゴールデンウィーク期間・夏期
TEL 0738-22-3511((財)煙樹海岸観光施設協会)

耳より情報

御崎神社

ウバメガシ美浜町和田、煙樹ヶ浜の北西端の山際に御崎神社があります。創建は古く、社伝によると貞観元年(859年)に現在地に遷座しました。
 その時にウバメガシを数百本庭木として植えたそうです。そのうち2本が残り、県の天然記念物に指定されていましたが、その後南側の1本が枯死して現在は1本になっています。樹齢1100年を越え県下最大級の大きさということです。
 
また、拝殿には、航海の安全を祈願する「守船幸海」と書かれた扁額が掲げられています。第10代紀州藩主治宝(はるとみ)公が揮毫したと伝えられています。(2012.12.6)

御崎神社
御崎神社
扁額
治宝揮毫の扁額

情報提供:市民の力わかやま

西山ピクニック緑地

 西山は日高町と美浜町の境にある標高328mの山で、山頂付近は自然公園として整備されていて、遊歩道もあり、ピクニックに最適です。
 東には日高平野、南に煙樹ヶ浜、西は比井崎海岸と紀伊水道が望めます。ここから見る夕日は、和歌山の朝日夕陽百選にも選ばれていて、とてもきれいです。(2006.8.18)

煙樹ヶ浜〜火力発電所を望む
煙樹ヶ浜〜火力発電所までも望めます。
美しい夕日
美しい夕日

情報提供:和歌山工業高等専門学校 環境・福祉ボランティアサークル「amoeba(アメーバ)」

地引網漁

浜の瀬側(東の端)では、天気や風の加減で不定期ですが、シラスの地引網漁が行われています。巻き取り機で引っ張ったあと、浜に上げる最後は人が総出で波に合わせて引っ張ります。カモメがおこぼれを狙って集まってきます。懐かしい風景です。人懐っこいおばあちゃんとおしゃべりをして、手伝うとお魚が貰えるかも。(2006.4.12)

情報提供:わかやまインターネット市民塾

松林の中

幅500mもある煙樹ヶ浜の美しい松林の中に、航路安全を祈る御崎(みさき)神社、自然林に囲まれた松原王子神社があります。また、役場や学校・病院・体育館などもこの美しい松林の中にあり、文字通りの美浜町を感じさせます。(2006.4.12)

松原王子神社
松原王子神社
御崎神社
御崎神社

情報提供:わかやまインターネット市民塾


次のスポット日の岬

トップ御坊〜みなべ(R42) > 煙樹ヶ浜

日本風景街道 熊野 〜シーニックバイウェイ紀南〜

このホームページは、紀南の地域を愛する団体によって運営されています。運営団体について
ホームページへ戻る