日本風景街道熊野ホームページへ戻る
トップ那智勝浦・太地(R42) > 勝浦温泉と勝浦漁港

勝浦温泉と勝浦漁港

勝浦温泉

勝浦漁港と勝浦温泉勝浦温泉は、古くから栄え、良質な温泉が数多くあります。太平洋を望む開放感あふれる温泉郷として知られています。ホテルや旅館では趣向を凝らした露天風呂を楽しむことができ 新鮮な魚介類でのもてなしは、旅情をタップリ味わうことができます。
また、誰でも手軽に入れる公衆温泉施設がたくさんあります。その代表的な場所です。(2006.3.31)

滝乃湯

滝乃湯JR紀伊勝浦駅を出てすぐの足湯です。勝浦の温泉の旅は駅前から始まります。

場所 JR紀伊勝浦駅前
料金 無料
時間 6:00〜22:00
定休日 なし
駐車場 なし
TEL 0735-52-0555(那智勝浦町産業課)

海乃湯・鮪乃湯

勝浦漁港すぐそばにある足湯です。海乃湯には珍しい手湯もあります。

海乃湯
海乃湯で、海を見ながらのんびりと。
鮪乃湯
源泉があり、海乃湯より温度が高いです。
場所 勝浦駅より徒歩3分
料金 無料
時間 6:00〜22:00
定休日 なし
駐車場 勝浦漁協前駐車場を利用
TEL 0735-52-0555(那智勝浦町産業課)

はまゆ

はまゆ地元の漁師さんたちの利用も多い、天然温泉公衆浴場です。

場所 勝浦駅より徒歩10分、大勝浦八幡神社そば。
料金 大人320円、小人130円、幼児 60円
時間 13:00〜22:00
定休日 毎月7日と22日
駐車場 なし
TEL 0735-52-1201

勝浦漁港

勝浦漁港
勝浦漁港

勝浦漁港は、日本有数のマグロ基地。九州や沖縄からも漁船が入港し、獲れたてのまぐろを水揚げします。ときに数千本ものまぐろ類がならぶセリ市の光景は大迫力で、見学もできます。(土曜日と臨時の休日を除く毎日、午前7時から:要問合せ)(2006.3.31)

TEL 0735-52-0951 勝浦漁業協同組合

耳より情報

脇仲通り

勝浦港の東、仲ノ町と脇入通り=脇仲通りは、昭和の始め頃、町の主要施設が集中し、さまざまな商店が軒を連ねていました。当時は勝浦〜大阪間を就航していた「那智丸」や「牟婁丸」が停泊したこともあり、大いに賑わっていました。
主要施設が他の地区に移転してしまって、かつての活気はなくなりましたが、「脇仲倶楽部」が、昭和の風情豊かなこの地区を活性化しようと活動しています。(2013.1.31)

ビン玉が飾られた家
ビン玉を飾り、昔の写真展もしています。
那智勝浦港郵便局
現在は那智勝浦港郵便局

情報提供:市民の力わかやま

伊勢えびマップ

伊勢えびマップ 2010年11/6に開催された「那智勝浦いせえびまつり」に合わせて、那智勝浦の伊勢えびを堪能してもらおうと『伊勢えびマップ』ができました。
『まぐろマップ』ともども、ぜひご活用ください。
左の写真をクリックすると「伊勢えびマップ」(pdfファイル 1.01MB)が開きます。(2011.1.6)

情報提供:那智勝浦町

手づくり足湯 紋寿ノ湯

手づくり足湯勝浦港のバスターミナルから桟橋の方に進み、防波堤には行かずに左に曲がります。入船橋のひとつ北側にある江南橋の近くに、小さな足湯があります。
2009年6月に地元の活動団体、脇仲倶楽部により作られたもので、どなたでも自由に利用することができます。2〜3人で貸切になってしまいますが、のんびりゆったり足の疲れを癒すのはいかがでしょうか?(2010.5.12)(2012.8.12追記)

情報提供:市民の力わかやま

弁天島

朝焼けに浮かぶ弁天島勝浦温泉市街地から北浦商店街を北向きに進むと小金浦漁港の岸から50mも離れずに浮かぶ小島があります。朝焼けの中に浮かぶ美しい弁天島です。紀の松島の北・東の端に位置し、古い絵はがきで勝浦三景の一とされていました。
 この弁天島は、満潮になると今まで通れたところが海に変わり渡れなくなるそうです。話をしてくれた地元の方は子どもの頃弁天島で遊んだそうですが 時間を忘れて遊んでいたため、何度か帰れなくなったそうで、その度に漁師さんに迎えに来て貰ったそうです。もちろん、大目玉付きです。(2009.5.23)

情報提供:市民の力わかやま

新! 紀州勝浦 生まぐろ食べ歩きマップ

新しい生まぐろマップの写真 大好評の「紀州勝浦 生まぐろマップ」がパワーアップして登場!
「紀州勝浦 生まぐろ食べ歩きマップ」として8ページにボリュームアップ。JR紀伊勝浦駅周辺、勝浦港周辺、北浜周辺に加え、那智山周辺まで、勝浦の生まぐろが食べられるお店がいっぱい。
ほっとひと息、足湯情報も載っています。(2008.4.18)

右の写真をクリックすると「紀州勝浦生まぐろ食べ歩きマップ」(pdfファイル 1.41MB)が開きます。

情報提供:那智勝浦町

那智勝浦のおいしいもの

那智勝浦では、当地を代表する生マグロ、クジラなどがおいしくいただけます。サンマ寿司、めはり寿司などは、お持ち帰り専門店や駅弁でも買えます。
 生マグロは刺身やどんぶりが一般的ですが、チコロ(心臓)、ワタ(胃袋)などの内臓料理、尾ビレ、目玉の煮付けなど、めったに味わえない料理もたくさんあります。また、「海の生ハム」は、船の上で素早く血抜きされた活〆(いけじめ)マグロを使用したマグロのハムで、スモークがほんのり香る新しい味です。最近、生マグロを特殊な技術で冷凍して、解凍後生マグロそのままの美味しさで食べることが出来るお土産も売り出されています。
 国道42号沿い、JR勝浦駅前や、勝浦漁港周辺には、そんな勝浦のおいしいものを食べることが出来る店、そして売るお店がずらりと並んでいます。(2007.8.12)

まぐろ料理
生まぐろ料理
鮪ステーキ弁当
鮪ステーキ弁当
めはり寿司・さんま寿司
めはり寿司とさんま寿司

情報提供:市民の力わかやま

紀州勝浦 生まぐろマップ

生まぐろマップ表紙写真 紀州勝浦といえば、生まぐろの水揚量日本一! ここに来て生まぐろを食べないでは帰れません!
そんなとき、このマップがお役に立ちます。国道42号沿線〜JR紀伊勝浦駅周辺〜勝浦港の広〜いエリアの生まぐろ取り扱い店を満載。あなたのお気に入り店を見つけてください。(2007.5.10)

右の写真をクリックすると「紀州勝浦生まぐろマップ」(pdfファイル 775KB)が開きます。

情報提供:市民の力わかやま

にぎわい広場(朝市)

勝浦漁港のにぎわい市場紀伊勝浦駅より徒歩5分、勝浦漁港で毎週日曜日の8:00〜11:00に開催されます。那智勝浦町や周辺地域の地場産品を販売しています。生マグロはもちろん、ヒオウギ貝、干物、さんま寿司、みかん、じゃばら、はちみつ・・・などを買えるばかりでなく、その場で食べられるものも多いです。ビールもあります。すぐ近くには海乃湯や鮪乃湯といった足湯もあります。(2006.11.26)

情報提供:市民の力わかやま


次のスポット紀の松島と遊覧船

トップ那智勝浦・太地(R42) > 勝浦温泉と勝浦漁港

日本風景街道 熊野 〜シーニックバイウェイ紀南〜

このホームページは、紀南の地域を愛する団体によって運営されています。運営団体について
ホームページへ戻る