日本風景街道熊野ホームページへ戻る
トップ紀南の大木・古木 > 勝浦・太地

勝浦・太地

勝浦・太地

シイの老樹(那智勝浦町)

シイの老樹大泰寺の大門近くにあるこの老樹は、高さ1mのところで2本の幹に分かれ、県道の上まで大きく枝を張っています。幹の下部が洞穴になっていて、シイとしてはまれな老巨木です。
和歌山県の天然記念物に指定されています。

所在地 那智勝浦町下和田
高さ 15m
幹周り 4.54m
樹齢 400年以上

ケヤキの老樹(那智勝浦町)

ケヤキの老樹杉本神社に県内最大級の巨木が2本並んでいます。
那智勝浦町の天然記念物に指定されています。

所在地 那智勝浦町口色川
高さ 27m
幹周り 4.8m
樹齢 不明

柿の古木(那智勝浦町)

柿の大木昭和47年(1972年)に町の天然記念物に指定された、ふだらく霊園のこの木は、幹の周囲2.9mの伊勢平柿という甘柿で、源頼朝(1147〜1199)の死後に植えられたと伝えられている古木です。

所在地 那智勝浦町井関
高さ 不明
幹周り 2.9m
樹齢 650年

椙吉神社の大杉(那智勝浦町)

小坂地区の氏神である椙吉神社の鳥居の横にあるこの大杉は、根元から2本の幹に分かれています。

椙吉神社の大杉
椙吉神社の大杉

写真提供:NPO法人 花つぼみ

所在地 那智勝浦町小阪
高さ 25m
幹周り 7.35m
樹齢 不明

ホルトノキ(那智勝浦町)

水底神社の社叢水底神社拝殿左の雑木林の中に立つこの木は、和歌山県下第1位の樹齢を誇っています。

※この神社のある旧フェリーターミナルは、現在は立ち入り禁止となっています。

所在地 那智勝浦町宇久井
高さ 17m
幹周り 4.89m
樹齢 不明

樟の木(那智勝浦町)

樟の木熊野三所大神社の鳥居脇に立つこの木は、根元から2つの幹に分かれていて、その姿から、「夫婦楠」と呼ばれることもあります。

所在地 那智勝浦町浜ノ宮
高さ 25m
幹周り 7.4m
樹齢 不明

天神社のホルト、樟(那智勝浦町)

天神社のホルト、樟当神社のわきにあるご神木は、向かって右のホルトノキが左の樟を抱くように立っていて、注連縄で固く結ばれています。

所在地 那智勝浦町天満
高さ ホルトノキ:16m/樟:18m
幹周り 4.22m/5.52m
樹齢 不明/不明

八幡神社のナギ(那智勝浦町)

八幡神社のナギ当神社の御神木で、朱塗りの拝殿の後ろにそびえていて、鳥居をくぐればすぐ目に入ってきます。

所在地 那智勝浦町勝浦
高さ 不明
幹周り 不明
樹齢 300年

うばめ樫の木(那智勝浦町)

うばめ樫の木平成9年、脇の谷「防災公園」江南山工事により3年余り仮植先で樹力が回復するまで過ごし、平成13年4月、体育文化会館に本植されました。県内最大のウバメガシの木です。
那智勝浦町の天然記念物に指定されています。

所在地 那智勝浦町勝浦
高さ 7m
幹周り 4.7m
樹齢 不明

諏訪神社のツブラジイ(那智勝浦町)

諏訪神社のツブラジイ当神社の境内の向いの薮の中にひっそりと立つこの木は、枝やひこばえが大きく育ち大木になっています。実が円ら(つぶら)つまり円い(まるい)ことからツブラジイといいます。別名コジイともいい、スダジイに比べて実が小さいことからこう呼ばれます。

所在地 那智勝浦町下和田
高さ 13m
幹周り 6.04m
樹齢 不明

夫婦いぶき(太地町)

夫婦いぶき梶取崎の白い灯台と美しいコントラストをなす2本のイブキは、潮風に耐えて夫婦のように寄り添っています。
那智勝浦町の天然記念物に指定されています。

所在地 太地町太地南通谷
高さ 不明
幹周り 2.53m/2.23m
樹齢 350年

ハクモクレン(那智勝浦町)

那智勝浦町宇久井地区から長野川上流に向かって遡り、高津気地区に入ったところにハクモクレンの大樹が2本並んで立っています。高さは20m以上、大きな白い花を咲き揃わせたその姿は圧巻です。毎年3月初旬から中旬ごろに花を開かせ、春の訪れを告げています。

ハクモクレン
2本とも大木です。
ハクモクレン
所在地 那智勝浦町高津気
高さ 20m以上
幹周り 不明
樹齢 不明
トップ紀南の大木・古木 > 勝浦・太地

日本風景街道 熊野 〜シーニックバイウェイ紀南〜

このホームページは、紀南の地域を愛する団体によって運営されています。運営団体について
ホームページへ戻る