日本風景街道熊野ホームページへ戻る
トップ紀南の大木・古木 > 熊野川・新宮

熊野川・新宮

熊野川・新宮

熊野速玉大社のナギ(新宮市)

熊野速玉大社のナギ平安時代、平重盛が植えたと伝わるご神木で、ナギとしては日本一の大樹です。ナギは「凪」に通じ、家内安全、航海安全を願う信仰の対象となっています。初夏には白い花が咲きます。
国の天然記念物に指定されています。

所在地 新宮市新宮
高さ 18m
幹周り 5m
樹齢 830年

熊野速玉大社のオガタマノキ(新宮市)

熊野速玉大社のオガタマノキ速玉大社の本殿の前庭に立つモクレン科の常緑高木です。葉が常緑でつやがあり綺麗なため、神前に供えて神霊を招く「招霊(おがたま)」からその名がついたと伝わっています。

所在地 新宮市新宮
高さ 21m
幹周り 1.65m
樹齢 不明

高倉神社の社叢(新宮市)

高田の高倉神社の社叢国道168号から分かれた県道230号高田川に沿って遡った当神社の河岸の低地にある針葉樹、広葉樹が混生する約5000平方メートルの自然林です。杉やイチイガシなどの大木、古木も多いです。
新宮市の天然記念物に指定されています。

所在地 新宮市里高田

浮島の森(新宮市)

浮島の森総面積4961平方メートル(1501坪)、水が増すと浮き上がる浮島には、熱帯と寒帯の珍しい植物が混生しています。島内には遊歩道があり、散策できます。
国の天然記念物に指定されています。

浮島の森2
浮島の森2
浮島の森の中
浮島の森の内部
所在地 新宮市新宮

ホルトノキ(新宮市)

この地方では他に類を見ない大樹です。根元に小さな祠が祀られています。
新宮市の天然記念物に指定されています。

佐野のホルトノキ
佐野のホルトノキ

写真提供:NPO法人 花つぼみ

所在地 新宮市佐野
高さ 23m
幹周り 4.7m
樹齢 不明

牛頭神社境内林(熊野川町)

牛頭神社の社叢面積1254平方メートルでウバメガシ、シイ、アラカシ、タブ、スギ、ヒノキ、イヌマキ、タラヨウなど樹種豊富な林です。
熊野川町の天然記念物に指定されています。

所在地 新宮市熊野川町四滝

厳島神社の樹林(熊野川町)

厳島神社の樹林江戸時代の文書には「弁財天社」と記されている当神社の鎮守の森です。
熊野川町の天然記念物に指定されています。

所在地 新宮市熊野川町九重

嶋津の森(熊野川町)

嶋津の森国道168号から169号へ北山川沿いに遡ったこの地区は、川を県境とし、対岸は三重県紀和町です。この川の中州にある杉林です。
熊野川町の天然記念物に指定されています。この嶋津の森の前は、ウォータージェット船の三重県側発着場です。

所在地 新宮市熊野川町嶋津中州

甲明神社の大杉、いちいがし(熊野川町)

甲明神社の大杉熊野川と北山川の合流点に位置するこの地区の産土神の森です。
熊野川町の天然記念物に指定されています。

所在地 新宮市熊野川町相須
高さ 杉:43m/いちいがし:28m
幹周り 6.87m/4.2m
樹齢 300年以上

高倉神社の境内林(熊野川町)

高倉神社の境内林杉、桧の針葉樹のほか、シイ、アラカシ、モチノキタブ、カゴノキ等広葉高木やアオキなどの低木もあり、この地方の標準的な植生を呈しています。
熊野川町の天然記念物に指定されています。

所在地 新宮市熊野川町小口字長井
トップ紀南の大木・古木 > 熊野川・新宮

日本風景街道 熊野 〜シーニックバイウェイ紀南〜

このホームページは、紀南の地域を愛する団体によって運営されています。運営団体について
ホームページへ戻る