日本風景街道熊野ホームページへ戻る
トップ紀南の大木・古木 > 本宮

本宮

本宮

イチイガシ(本宮町)

祓戸王子のイチイガシ熊野古道九十九王子の一つであった祓戸王子社には、イチイガシやクスの大木が繁っています。この木は熊野詣の人々を見守ってきたのでしょう。
本宮町の天然記念物に指定されています。

所在地 田辺市本宮町下祓戸
高さ 32m
幹周り 3.9m
樹齢 300年以上

たらようの木(本宮町)

熊野本宮大社にあるこの木は、漢字で「多羅葉」と表し、インド原産の常緑樹です。葉の裏に針等で経文や手紙を書いたと言われ、「葉書」の語源とされています。
本宮町の天然記念物に指定されています。

たらようの木全体
うしろの灯籠などからその高さがわかります。
たらようの木アップ
幹もりっぱです。

情報提供:NPO法人 花つぼみ

所在地 田辺市本宮町本宮
高さ 不明
幹周り 不明
樹齢 不明

しだれ桜(本宮町)

しだれ桜熊野本宮大社には何本かしだれ桜がありますが、拝殿入口手前にあるしだれ桜は、大きさ樹齢ともに申し分ないものです。
本宮町の天然記念物に指定されています。

所在地 田辺市本宮町本宮
高さ 不明
幹周り 不明
樹齢 不明

弘法杉(本宮町)

写真募集中!その昔、弘法大師が熊野詣での道中、ここで昼食を食べた時、木の枝を折って箸の代わりにし、食後その枝を土に突き立てたものが成長して現在の2本の杉の大木になったと伝えられています。
本宮町の天然記念物に指定されています。

写真提供:古座川街道やどやの会

所在地 田辺市本宮町静川 大塔山国有地
高さ 43m/45m
幹周り 6.10/5.66m
樹齢 450〜500年
トップ紀南の大木・古木 > 本宮

日本風景街道 熊野 〜シーニックバイウェイ紀南〜

このホームページは、紀南の地域を愛する団体によって運営されています。運営団体について
ホームページへ戻る