日本風景街道熊野ホームページへ戻る
トップ白浜・椿(R42) > 白良浜

白良浜

白良浜美しい白砂の浜が弓なりに続く白良浜は、関西きってのリゾートビーチです。本州で最も早い5月に海開きがあります。
浜辺には水着のまま入浴する露天風呂「しらすな」もあります。
白良浜の北側の権現崎には「熊野三所神社」があり、こんもりとした社叢(神社の森)が見えています。権現崎を回る遊歩道もあります。(2006.4.20)遊歩道は現在通行止めとなっています。(2009.8.9)
遊歩道の通行止めは解除されています。海を間近に感じながらの散策をお楽しみください。(2014.3.13)

白良浜浴場「しらすな」(露天風呂)

露天風呂しらすな白良浜のビーチのすぐそば、冷えた体を温めるのにぴったりの露天風呂です。水着のままなので、男女混浴。家族そろって入れます。(2009.8.9)

料金 100円 (3歳以上:5/1〜9/30)
上記期間以外は無料
時間 10:00〜15:00
10:00〜19:00(7/1〜9/15)
10:00〜17:00(5、6月イベント時)
定休日 毎週月曜日(7/1〜9/15は無休)
TEL 0739-43-1126

耳より情報

有間皇子(ありまのみこ)之碑

有間皇子の碑白良浜近く、シャトレハイツ白浜の北側の公園に有間皇子の大きな碑が立っています。有間皇子は、白浜を舞台とした悲劇の皇子として日本書記に登場し、そのおかげで白浜温泉は全国的に有名になりました。白浜観光協会と白良浜保勝会は、その恩恵に報いるべく、この顕彰碑を昭和62年(1987年)に建立しました。元薬師寺管長・高田好胤が揮毫しました。
昭和62年(1987年)からは、毎年6月1日に、白浜町内9つの源泉の一番湯を奉納する献湯祭を執り行っています。(2013.5.28)

情報提供:市民の力わかやま

白浜薬師堂

白浜薬師堂薬師堂は、薬師如来をお祀りする仏堂で、昔は温泉などの湯治場の近くには必ずあったそうです。
白良浜のすぐ近くにあるこの白浜薬師堂は、奈良薬師寺の東塔を参考に建立されたもので、昭和41年4月12日に開眼落慶の式典が行われました。このことから、毎月12日は縁日で、4月12日には大祭である花会式が執り行われます。(2011.2.22)

情報提供:市民の力わかやま

エディ・タウンゼントの碑

エディ・タウンゼントの碑白良浜には、ボクシングのトレーナー、故エディ・タウンゼント氏の記念碑が建っています。氏はガッツ石松さん、赤井英和さん、井岡弘樹さんなどのボクサーを育てた名トレーナーとして知られています。砂浜をランニングすることで足腰が鍛えられるからでしょうか、プロボクサーが白良浜でトレーニング合宿を良く行います。
この碑は、氏が世界タイトル戦を控えたボクサーと共に合宿するのがいつも白良浜であったこと、白良浜と姉妹浜提携(ワイキキビーチ)をしているハワイ・ホノルル出身でもあることから、2004年に元世界チャンピオンの井岡弘樹氏により建立されました。(2009.9.22)

情報提供:NPO法人花つぼみ

白砂のプロムナード

白良浜といえば、夏の海水浴場として有名ですが、いまや冬の白良浜の風物詩として定着してきているのが、白良浜イルミネーションイベント「白砂のプロムナード」。
青やオレンジの10万個の電球で彩られる星座、天使、パンダなどの光のオブジェが幻想的な雰囲気を醸し出しています。「プロムナード」とはフランス語で「散策、散歩道」という意味です。このステキな浜を誰と散策しましょうか?
今シーズンは2007年12月1日〜2008年1月31日、午後6時〜10時まで。(2008.1.9)

白砂のプロムナード
寒い中、たくさんの人が散策しています。

白砂のプロムナード
幻想的な青い光のオブジェ
白砂のプロムナード
各星座のオブジェが並びます

情報提供:NPO法人 花つぼみ

「つくもと足湯」

白良浜海水浴場の南端の道側に、2007年7月にオープンした可愛い足湯、白浜町営「つくもと足湯」があります。町有源泉「まぶ湯」を使っているので、白良浜をそぞろ歩いて疲れた足を浸せば、効能はバッチリ・・ほこほこ暖まります。
営業時間は、7月・8月は午前7時〜午後10時、それ以外の月は午前8時〜午後10時。無料です。ぜひ白浜温泉をミニ体験してみて下さい。(2008.1.4)

つくもと足湯
つくもと足湯

情報提供:NPO法人 花つぼみ

メッセージ花火とキャンドルイルミネーション

メッセージ花火とキャンドルイルミネーション白良浜の夏の夜は、メッセージ花火とキャンドルイルミネーション。
メッセージ花火は、1発5,000円で当日でも旅館やホテル、浜のFMサテライトスタジオ前で申し込めます。「お父さん、連れてきてくれてありがとう」「またいっしょに来ようね」など希望のメッセージのあと、花火が1発打ち上げられ、白浜で過ごせた幸せを分かち合えます。
土曜日の夜にはキャンドルイルミネーションも。メッセージを書いた紙の筒に入ったキャンドルが砂浜一面に並べられ、幻想的な雰囲気です。このメッセージは無料で書かせてもらえます。(2006.5.2)

情報提供:わかやまインターネット市民塾


次のスポットレジャーランド(エネルギーランド・アドベンチャーワールド)

トップ白浜・椿(R42) > 白良浜

日本風景街道 熊野 〜シーニックバイウェイ紀南〜

このホームページは、紀南の地域を愛する団体によって運営されています。運営団体について
ホームページへ戻る