日本風景街道熊野ホームページへ戻る
トップ関連イベントシーニック・バイウェイに関するシンポジウム
HOME
開会挨拶
基調講演
パネル
ディスカッション

アンケート



<開催概要>
■開催日時:
平成17年6月18日(土)
[開演]13:30/[終演]16:00
■開催場所:
田辺市山村開発センター「大ホール」
■主催:
シーニック・バイウェイに関するシンポジウム
実行委員会
(国土交通省近畿地方整備局紀南河川国道事務所・
 和歌山河川国道事務所・和歌山県)
■後援:
奈良県
三重県
■協賛:
社団法人近畿建設協会
和歌山県道路協会


 「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録を機に、 紀伊半島への関心が高まっている。美しい景観のみならず、 歴史・自然・文化など、紀伊半島が育んできた個性や魅力をどのように活用し、 この土地を訪れる人々に伝えていくか―― 今後、地域と行政が一体となって 取り組まなければならない大きな課題である。

 2005年6月18日、熊野本宮大社が位置する和歌山県田辺市にて 「世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』にふさわしいみちのありかた  〜シーニック・バイウェイに関するシンポジウム〜」が開催された。 「シーニック・バイウェイ」とは、「景観」を意味するシーン(Scene)の形容詞・] シーニック(Scenic)と、「わき道」を意味するバイウェイ(Byway)を組み合わせた言葉で、 景観・歴史・文化・自然・建築など、地域の魅力を「道」でつなぎながら、 地域と行政が連携して、美しい景観づくり、魅力ある地域づくりを目指す制度である。 「シーニック・バイウェイ」の研究に関する第一人者、石田東生先生らをゲストに迎え、 アメリカや北海道での先進事例を参考にしながら、地域住民・NPO関係者・行政関係者等と ともに紀伊半島におけるシーニック・バイウェイ制度導入の可能性を考えた。

<プログラム>
13:30[開演]
 | 開会挨拶
13:40
 | 基調講演
 | 「みんなでつくる美しいみちとまち
 |  〜シーニックバイウェイ制度の導入〜」
14:40
 | 休憩
14:50
 | パネルディスカッション
 | 「紀伊半島における
 | シーニック・バイウェイの可能性」
16:10[終演]
COPYRIGHT © 2005- 和歌山県, ALLRIGHTS RESERVED.
トップ関連イベントシーニック・バイウェイに関するシンポジウム

日本風景街道 熊野 〜シーニックバイウェイ紀南〜

このホームページは、紀南の地域を愛する団体によって運営されています。運営団体について
ホームページへ戻る