日本風景街道熊野ホームページへ戻る
トップ活動紹介近露くらしの風景づくり事業

近露くらしの風景づくり事業

近露くらしの風景づくり事業

事業の概要

 近露は、近露王子のある熊野古道・中辺路の中心的な集落であり、清和源氏に縁ある古く深い歴史を持ちます。かつては参詣者を迎える旅籠が軒を連ねるにぎわいを誇り、日本画家野長瀬晩花を輩出するなど文化の香りも高い地区です。
 この参詣道との関わりが深い文化、山や田畑と一体となった集落景観、生活の智恵などの魅力を再発掘し、守り、作りなおして、来訪者にも、また住民にも楽しんでもらえる回遊性の高い場所としていきます。

たとえば、こんなこと・・・
・景観面で問題のある休耕田への睡蓮や山野草植裁
・集落と背後の田畑や山並み景観を楽しめる田舎版オープンカフェ
・山里の生活や生業を見・体験できる場と町中の歩けるルートづくり
・これを案内する語り部のサービス向上
・旧道を活かした屋台やまつり等の楽しいできごとづくり
・野長瀬晩花生家の保存・再生・活用検討
など

事業イメージ図
(事業イメージ)

活動状況
平成20年6月21日〜23日 よぉ〜しもっと! 田舎体験 2008 New!
平成19年8月27日〜29日 よぉ〜しもっと! 田舎体験 2007
平成19年5月 世界遺産の山「古木・雑木が宝に!〜第3弾〜」
平成18年12月26日(火) 世界遺産の山「古木・雑木が宝に!〜第2弾〜」
平成18年8月3日〜5日 よぉ〜しもっと! 田舎体験 2006
平成18年5月23日(火) 世界遺産の山「古木、雑木が宝に!」
トップ活動紹介近露くらしの風景づくり事業

日本風景街道 熊野 〜シーニックバイウェイ紀南〜

このホームページは、紀南の地域を愛する団体によって運営されています。運営団体について
ホームページへ戻る