日本風景街道熊野ホームページへ戻る
トップ口熊野(R42-R311)

口熊野(R42,R311)

エリアマップ

田辺駅前・弁慶像熊野古道が「中辺路」「大辺路」に分かれる分岐点、また田辺から海沿いを離れて山中に入るため、「口熊野(くちくまの)」と呼ばれました。
熊野の入口として栄えたまち「田辺(たなべ)」は、武蔵坊弁慶の出生地として駅前に銅像が立っています。
また世界的な博物学者「南方熊楠」が晩年を暮らした地でもあります。
海には自然保護運動の先駆け「ナショナルトラスト運動」で有名な天神崎、扇ヶ浜海水浴場があり、山には手作りカヌー体験や百間山渓谷など、自然とアウトドアが楽しめる地域です。

トップ口熊野(R42-R311)

日本風景街道 熊野 〜シーニックバイウェイ紀南〜

このホームページは、紀南の地域を愛する団体によって運営されています。運営団体について
ホームページへ戻る